エアロパーツ加工

RB1オデッセイ エアロ短縮加工 千葉県四街道市より

千葉県四街道市よりお越しのお客様
RB1オデッセイのエアロバンパー短縮加工

凄く車高が低いって訳ではないですが、下を擦りやすいとの事で、
短縮加工させて頂く事になりました。

センター辺りのオーバーハングが長いからでしょうか?

 

加工前

 

マスキングテープを貼ってある部分の25mm(確か)短くします

 

 

  エアーソーでこんな感じにカットし、ベルトサンダ―で長さを調整し、FRPで固定します。
オールペイントやエアロ修理などで、お預かりしたエアロのなかで、
ただ加工てるだけ(強度や重さの事を考えてない)の物を見ますが、
BodyShopKaitoでは、エアロを重ねずエアロ同士の断面で同化させて
制作しております。弱そうな時は、強度を増すように、マットを裏から
足しております。
作業のしかたで、時間が変わって来ますので、加工料金に反映されます。
修理や加工などを依頼する時は、作業方法の確認をした方がいいですよ。
完成画像です

 

バンパーグリル下部が、薄くなりました

 

 

センターからサイドにかけてのラインが自然に繋がったと思いませんか?

 

エアロ加工は、今の時期の様な暖かい時期が、お勧めです。
寒い時期は、FRPの硬化が遅いので作業が進みませんので、
大変な加工の場合お引き受け出来ない場合が御座います。
エアロ加工を考え中の方は、お早めに!

 

お問い合わせ

おすすめ記事

1

12月に入り茨城県南部でも寒くなって来ました。 茨城南部で自動車最低限の冬の備え・準備しておく事   1つ目はバッテリーのチェック バッテリーの寿命耐用年数は平均で3年程度と言われています。 ...

2

軽トラック 色替え全塗装 施工例   1台目はホンダ アクティトラック オリジナルベージュ系?イエロー系?に色替え全塗装 鉄ホイールマッドブラック塗装 この記事はこちらでご覧頂けます &nb ...

3

スバル レヴォーグ ROWENフロントスポイラー割れ修理塗装 お客様自身で修理したスポイラーですが、 月日が経つにつれて塗装面が浮いて来てしまい今回ご依頼頂きました 悪い部分を剥がしてFRPで成形中 ...

-エアロパーツ加工